ビジネスブログ|東京都多摩地区のマンション管理なら桑原マンション管理士事務所

桑原マンション管理士事務所
マンション管理組合の運営を全力でお手伝いいたします!
2016年09月14日 [マンション管理情報]
マンションでの水漏れの問題

先日、マンションでの水漏れに関する記事を見つけました。マンション管理の重要な問題を含んでいると思いますので、ご参考までにご紹介いたします。
居住しているマンションの天井から水漏れがあり、天井に大きなシミができてしまいました。すぐに管理組合に報告しましたが、水漏れに関しては、直接階上の方と交渉する様にとの事で、対処してもらえませんでした。階上の方に話しましたが、水漏れは起こしていない、自分には関係ないとの一点張りで話になりません。どうしたらいいでしょうか。
と言うお話があったそうです。
水漏れは一見、区分所有者間の個別の問題のように思われますが、確かにそういったケースも存在するのですが、マンションの天井には設備としての給水管、排水管が設置されています。水漏れが専有部分で発生しているものであれば、当該の部屋の区分所有者が、修理の責任がありますが、その場合でも、管理組合として、助言、指導、監督をする義務があると思います。まして、漏水の原因が共用部分にあるかもしれません。この場合は、当然、管理組合として対処する必要があるのは言うまでもありません。
いずれにしても、水漏れを放置することは、建物、マンション全体の維持管理に重大な影響を及ぼす可能性があるのですから、管理組合として、水漏れの原因究明を行い、解決するのが当然なのです。


2016年05月21日 [マンション管理情報]
「ある管理組合理事長の活動記録」と言う記事をネットで見つけました。興味深いのでご紹介したいと思います。
 理事の互選で初めてマンション管理組合理事長に就任した方の、管理組合の活動日記とのことです。
 この方は、まず管理規約をじっくり読み返し、問題点を拾い出されたそうです。どちらのマンションも同じなのですが、管理規約は、マンションデベロッパーが作成したものをそのまま利用しています。そのためか、この方がおっしゃるには、管理規約が、どうしても管理会社に都合の良い内容になっているそうです。そこで、まず管理費や、発注方法の見直し、さらには管理会社数社からマンション管理費の見積もりを取って、管理会社の変更を行い、管理費の削減を断行されたそうです。面倒なことは管理会社任せにしてきた管理組合にも問題があったと、反省されたそうです。
 そして、管理費の滞納についても、管理会社は、滞納者へ督促の連絡をするだけで、その後の動きを取らないので、管理費滞納が、一向に解決せず、アドバイスを受けて少額訴訟を起こして、解決されたそうです。
 この方もおっしゃっていますが、こういったことは、素人終電で解決することは難しく、専門家のアドバイスが重要なのだと思います。
 そこで宣伝です、是非一度、マンション管理士の導入を検討されてみてはいかがでしょうか。きっとお役にたてると思います。


2016年05月06日 [マンション管理情報]
皆さんは、マンションの2020年問題と言うのをご存じでしょうか。2020年の東京オリンピックが終わると、それまで好調であった不動産市況が、一気に冷え込み、不動産価格が崩壊するというものです。もちろんマンションもその波にのまれ、価格が崩壊する危険性があるというものです。
 しかしここで問題なのは、マンションについては、経済情勢等によるマンションの価格崩壊ではなく、マンションの高齢化が進み、大規模修繕が必要となるにもかかわらず、そこに住む居住者、所有者も高齢化が進み、収入の減少に伴い、管理費や修繕積立金を支払えなくなる。管理組合運営に参加できなくなり、マンションの管理組合が機能しなくなるということの方が重大な問題なのです。
 修繕もできず、空室が増え、マンションがスラム化してしまい、売るに売れないマンションとなってしまう恐れがあるということなのです。
ですから、今の内からマンションの管理、将来について、きちんとした計画、準備が必要なのです。
是非一度皆さんがお住まいのマンションの、状況を確認して頂けたらと思います。


このページの先頭に戻る